アニメ・漫画・ゲーム・音楽のデザインワークスTシャツブランド"マーズ・シックスティーン"
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
カテゴリから選ぶ

アニメ化された『寄生獣セイの確率』のMARS16デザインワークスによるシリーズ原作は、岩明均(いわあきひとし)により1989年~1995年にかけて講談社「アフタヌーン」にて連載され、累計1500万部を誇る大人気コミック(アフタヌーンKC全10巻、完全版全8巻、新装版全10巻、文庫版全8巻)。平凡な高校生である泉新一は、ある日突然飛来してきた「パラサイト」の襲撃を受ける。間一髪で脳への寄生は免れるが、パラサイトは新一の右腕に寄生、同化してしまう。右手にちなんで「ミギー」と自ら名乗るパラサイトと人間の奇妙な共生生活が始まることに―。周囲に真実を話すことができず悩んでいた新一だが、やがて新一とミギーは友情に近いものを感じるようになっていく。しかし、新一とミギーの前には他のパラサイトが現れ始め、次々に人を殺し、また人がパラサイトを殺す事態に発展。新一の同級生・里美にも危険が迫る。 その中で、高校教師として目の前に現れた田宮良子らパラサイトたちにもそれぞれの価値観が生まれ始める。 「われわれはなぜ生まれてきたのか?」 地球を壊し続ける人間たちを淘汰するために生まれてきたというパラサイトたち。そのパラサイトを殺し、生き延びようとする人間たち。 「果たして生き残るべきはどちらなのか?」 それでも、地球を、そして愛する人を守らなければいけない。 ゆらぐ価値観の中で、新一とミギーはパラサイトとの戦いに身を投じていく。 伝説のモンスターコミックが、日本テレビ他で好評のうち3月に放送終了。 制作プロダクションはマッドハウス、監督は「はじめの一歩 NewChallenger」でアクション作画監督や「AVENGERS CONFIDENTIAL BLACKWIDOW&PUNISHER」 で監督を務めた清水健一。キャラクターデザインは「彼氏彼女の事情」「アベノ橋魔法☆商店街」でキャラクターデザイン、「進撃の巨人」でED原画を務めた平松禎史が担当する。(公式ページより)MARS16はアニメ化を期にこの伝説の作品に挑んだ。


1件~ 2 件(全2件)

場面(シーン)で探す

商品チェック履歴

  • 最近チェックした商品はありません。

SHOP INFORMATION